夏が近づいてきていますね!!

 

日差しが気になる季節になってきました。。。

 

 

日焼けしてしまうことを考えると、日焼け止めなどで対策をしている方も多いはずですが、、、

 

実は、落とし穴が、、、、

 

目からも紫外線の影響を受けるといわれているのです!!!

 

 

IMG_4923

 

紫外線量が最も強いシーズンは、主に「5月~8月」と言われています!

 

ですが、最近では、一年のうちでは春から初秋にかけて多く、4~9月に一年間のおよそ70%〜80%が降りそそがと言われていて、

6月はすでに真夏と同じくらいの紫外線量となるとも言われているのです。
さらに、曇りの日でも快晴の日の60%の紫外線量があると言われていて、雨の日でも20~30%の紫外線量があると言われているのです。
木陰にいても照り返しで60%の紫外線量があるので、紫外線の影響はどうしても逃れようのないものですよね。

 

 

これだけ紫外線がある中で、目に紫外線が入らないようにするなんで、なかなか難しいですよね。

 

 

なぜ、目に紫外線が入ると肌にまで影響するのかというと、、、

 

 

目に紫外線が入ると角膜に炎症が起こってしまい、脳は目が紫外線ダメージを受けた事を察知して体内にメラニンを発生させるのです。

 

 

そうなると、日焼け止めや日傘などで、顔や体に直接浴びる紫外線量を減らしても、目のUVケアができていなければ体内に日焼けやシミの元となるメラニンが発生してしまうのです。。

 

 

IMG_4924

 

目からの紫外線を防ぐために、できる1番の方法として、まずサングラスですね!!!
サングラスを選ぶときには、必ずUVカット機能があるものを選ぶのがポイントになります!!
サングラスと聞くと色の濃いものを想像すると思いますが、UVカット機能と色の濃さは何の関係もないので注意が必要です。

 

 

 

UVカット機能のない濃い色のサングラスをかけてしまうと、サングラスで光が遮られて目は光を多く集めようと瞳孔が開くので、瞳孔が開くと紫外線も多く取り込んでしまいます。
こうなると、サングラスをかけた事が逆効果になってしまいます。
お手持ちのサングラスにUVカット機能があるのか、一度確認してみてください。

 
そして、若いときほど角膜や水晶体が透明なので、紫外線が通りやすくなります。浴びるほどに目の中に蓄積されるので、若いときからしっかりと紫外線から目をまもることが大切です!!!

 

 

 

紫外線対策でUVケアをしていても、目に紫外線を受けると、しっかりUVケアができている状態ではないのです!!

 

サングラスで目からの紫外線も防ぎましょう!!

 

 

 

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_calivio

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_egf

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_gnail

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_egf_m

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_calivio_facebook

(Visited 1 times, 1 visits today)
Tags: