みなさんおはようございます(`・ω・´)!

いぶきちです♪♪

最近は日の出時間も長くなって

本格的に夏に近づきはじめましたね!

夏といえば紫外線が強くって

髪の毛も傷んでいってしまう時季

ですよね、、、(。-_-。)

髪の傷みが気になる方も多いはずです!

どうして髪の毛は傷むのでしょうか?

なぜ髪は自分でダメージを

回復できないのでしょうか?

まず髪の毛は何から

出来ているのでしょうか?

今日はこの3つについて

お話していきます!!!

・髪の毛ってなにから出来ているの??

髪の毛はケラチンという

タンパク質からできています!

そのケラチンの割合は90%になるので

髪の毛=タンパク質

が成り立ちます(*⁰▿⁰*)

『ケラチンってなに??』

となる方もおおいはずです!!!!

ケラチンとは身体の皮膚も構成している

タンパク質です!!!

髪の毛というのは皮膚が変化したもので

皮膚の延長線上なんです!!!!

タンパク質の中にも18種類の

アミノ酸が含まれています!

この18種類のアミノ酸の中でも

髪の毛に多く含まれているの『シスチン』

と呼ばれるアミノ酸です!

髪の毛が何から出来ているか

わかりましたね!!!

次は髪の毛が傷む理由です!!

・どうして髪の毛は傷むの?

・摩擦による損傷

シャンプー、タオルドライ、ブラッシング

髪の毛同士が擦れあってキューティクルは

うろこ状態になってしまいます!

・熱による損傷

ドライヤー、アイロン、ホットカーラー

120度で髪の水分を奪い

150度で髪が変形をはじめ

髪が茶色に変色

250度でキューティクルが溶けてしまう

IMG_4309

・パーマ、ヘアカラー、ブリーチによる損傷

薬剤を使って癖をつけたり

カラーしたりする為

化学的な刺激を与え傷む

・日光による損傷

赤外線は熱線ともいわれケラチンが損傷

紫外線は化学線ともいわれ淡白変性

・ダイエットによる損傷

無理なダイエットは栄養失調につながり

健康を損ねるだけでなく髪のツヤがなくなり

髪が細く痩せ最後には抜けてしまう

といったように髪の毛は繊細で

ダメージしやすいのです(>_<)!

・なぜ髪は自分でダメージ回復出来ないの?

もともと髪の毛は
死んでいる細胞(死滅細胞)から
できていることをみなさん
ご存知でしたか??
なので髪の毛は自分で回復することが
できる能力を持っていないのです!!
なので傷んでしまっている髪の毛は
切るのが1番効果的です(((o(*゚▽゚*)o)))♡

髪の毛が傷む原因や何からできているのか
分かっていただけましたか??
皆さんもサロンでもトリートメントや
自宅でのホームケアをして
さらさらヘアーを手に入れましょう!!

IMG_4311

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_calivio

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_egf

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_gnail

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_egf_m

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_calivio_facebook

(Visited 1 times, 1 visits today)
Tags: