冬本番!!寒さも厳しくなってきて乾燥の季節ですね!!

 
今回は、『ガサガサかかと』の解決法についてです!

IMG_3760
かかとのガサガサの原因は、『角質がたまる』ことです。

 

主に「外的刺激」と「乾燥」の2つが考えられます。

 

かかとのもっとも外側にある皮膚は、「角質層」といわれていて、角質層は、歩くたびに体重がかかったりすることで日々、外からの刺激を受け続けています。外的刺激によって角質層にある保湿成分が不足するので、乾燥して荒れた状態になり、かかとのガサガサを引き起こします。
また、冬場の乾燥した時期はさらに、白い粉をふいたりするだけなく、かかとのひび割れを起こすことがあります。加齢や疲れ、ストレスによって肌が生まれ変わる力(ターンオーバー)が乱れることで、古い角質がはがれにくくなることもかかとのガサガサの原因のひとつとして考えられます。
「外的刺激」と「乾燥」をより大きくするNG習慣があります!思い当たる人も多いはず、、、

 

 

☆足に合わない靴を履いている
形やサイズ、ヒールの高さが自分の足に合っていないと、圧迫されたり、緩すぎたりして足に負担がかかりるので外的刺激につながります!

 
☆姿勢や歩き方が悪い

IMG_3764
体のバランスが崩れて、足の一部に大きな負担がかかりやすくなり、外的刺激になりかかとの角質が厚くなる原因になります。
☆身体、特に足が冷えている
血行不良になると肌の生まれ変わりのターンオーバーが乱れやすくなります。そうかると古い角質が自然にはがれてくれなくなります。

 
☆1日中エアコンの効いた室内にいる
エアコンは肌を乾燥させます。顔だけでなく足の水分も奪われて、乾燥につながります。

 
☆定期的に角質ケアを行っていない
日常生活の中で歩いたりなど、かかとには日々負担がかかっています。このダメージから肌を守ろうと角質は厚くなっていくので、定期的に角質の除去を行っていないと、角質が分厚くなりガサガサのかかとの原因になります。

 

 

 

それでは、お家でできる解決策を紹介です!!

 

 
まず、第1にできる簡単な方法は、保湿クリームを塗ることです。乾燥が一番の敵なので、まずは保湿です!!

 

そして、外的刺激を防ぐには、足のサイズにあったスニーカーなどで日常から負担をかけないのも大切です!!

IMG_3763

 

 

 

ポイントとして、保湿クリームを塗る時には合わせてほんのひと手間、マッサージするのがおすすめです。
血行をよくする事が重要です☆
すでに角質が厚く固くなってしまっている場合は、角質をやわらかくしてから保湿する方法がオススメです!!

 
まず、お風呂や蒸しタオルで足を温めましょう。
そして、やわらかい状態になったかかとに、化粧水をたっぷりしみこませたティッシュで3~5分ほどパックしましょう。

IMG_3762

そのあと、その上に、サランラップで足をくるんで乾燥しないようにして、さらに蒸しタオルなどをあてて温めましょう。
そして、ここで保湿クリームを塗ります!
せっかく補給した水分を逃がさないために、必ずクリームを塗りましょう。
普段使っているボディクリームなどで良いですが、角質がある程度厚い場合は、尿素配合のクリームを使う方がより効果的です!!

 

そして、血行がよくなるように軽いマッサージをしましょう!

 

 

そして、素足で歩きまわるのはよくないので、できるだけ摩擦などの刺激から守ってあげるためにも、靴下を履きましょう!!

 

 

冬の時期、放っておくと、ひび割れにも繋がります!!ぜひ、試してみて下さい!

 

 

 

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_calivio

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_egf

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_gnail

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_egf_m

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_calivio_facebook

(Visited 1 times, 1 visits today)
Tags: