どうもこんにちわ!
ぐっちです!!
今日は髪の毛の乾燥の原因別に対策を
ご紹介します!!B0444651-4EAA-403D-87D5-A4DCEACBBDA6

まず髪が乾燥してパサパサになるのは、髪の毛のキューティクルがめくれたり、剥がれてしまうことが大きな原因の1つだと考えられています。
キューティクルとは、3層構造になっている髪の一番外にある層です。
髪の毛は内側からメジュラ、コルテックス、キューティクルという3層でできており、キューティクルが髪内部の栄養と水分を守っているとされています。
しかし、キューティクルが剥がれたり、隙間ができてしまうと、そこから髪内部の栄養と水分が失われて、髪が乾燥しやすくなると言われています。

それでは原因をあげていきますね。
シャンプーをまず泡立てずにする!!

シャンプーをするときにシャンプーをあまり泡立てないで髪を洗うと、髪の毛同士がこすれてしまい、キューティクルがめくれてしまう可能性があります。
特に洗髪中は髪が濡れているので、キューティクルがめくれやすいと言われています。
キューティクルがめくれてしまうと、そこから髪内部の栄養や水分が抜けてしまい、髪の乾燥を引き起こしてしまうとされているのです。

まず対策としてはしっかりシャンプーを泡立て、髪同士が擦れてキューティクルがめくれないように、シャンプーをするときは、手でシャンプーの泡をモコモコになるまで泡立て、摩擦が起きにくいようにしましょう。

そしてもう一つは濡れた髪をそのまま自然乾燥させるです!!
髪を自然乾燥させてしまうとキューティクルが剥がれやすい状態が長時間続き、のちのち髪の乾燥を招いてしまいかねません。
しかし、水分を大量に含んだ髪をいきなりドライヤーで乾かそうとすると、ずっと髪に熱風をあてることになってしまい、これも髪の乾燥を招く可能性があります。
その為にまずはしっかりタオルで髪の毛の水分をしっかりとっておきましょう。
その際、濡れた髪はキューティクルがめくれやすくなっているので、優しい力加減で行いましょう。

対策としてはしっかりドライヤーで乾かすだけです!!
その時に髪の乾燥を防ぐために、できるだけ手 短時間で済ませましょう。
ドライヤーは小刻みに揺らして1か所にずっと熱風があたらないようにしましょう。また、ドライヤーはある程度髪から離して使います。
頭皮と髪の根元からドライヤーをあてていき、最後は毛先という順番で乾かしていきます。

まずは自宅で簡単に出来る対策をご紹介させていただきました。
しっかりケアをし、残りの乾燥の季節を乗り切りましょう!!DEB1CED3-94EF-4622-9D8A-E2904715F7FE

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_calivio

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_egf

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_gnail

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_egf_m

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_calivio_facebook

(Visited 1 times, 1 visits today)
Tags: