こんにちは!カリビオヘアートアロード店の木原です!

本日のブログはエイジングケア!
と言いましてもヘアケアやスキンケアでのエイジングケアではなく食べ物から取り入れてエイジングケアを図るというものです!
普段何気なく口にしている食べ物にもエイジングケア効果があるかもしれません!
今回はそんなエイジングケア効果の期待出来る食べ物をご紹介させて頂きます!A07F3658-D06F-4B3B-B8A1-A137DD78C3AB

その1.
旬のものを食べよう!
旬の野菜は一般的に新鮮で栄養価が高く、ビタミンやミネラル、ポリフェノールなど、抗酸化作用を持つ栄養成分が豊富に含まれています。
それらを食べることで、栄養が体の汚れやサビを防ぐ抗酸化作用として働きます。魚も旬のものを選ぶと、DHAやEPAなどの、脳や目の健康を維持し、血液をキレイにする脂(脂質)を効率よく摂ることができます。したがって旬の食材こそがアンチエイジングな食事にピッタリですから、ぜひ季節ごとに楽しみながら旬の食材を食べましょう。

その2.
ハーブや薬味をたっぷり食べよう!
香りにこだわってください!
薬味やハーブの香り、色、味の成分にはフィトケミカルという免疫機能を整えて病気になりにくい体を作り、抗酸化力を高めて若さを維持する働きがあります。日焼けが気になる季節や肌の乾燥が気になるとき、また寝不足が続いて肌コンディションがイマイチだと感じたときには、ぜひハーブと薬味をいつもの2~3倍とたっぷり使って、細胞から元気になるように栄養をチャージしましょう。

その4.
乳酸菌と食物繊維で腸美人に
腸をキレイにする「乳酸菌」と「食物繊維」を摂ってください。
腸をキレイに保つためには、腸の中で善玉菌として働き、腸のそうじや体に必要なビタミンなども作り出してくれる乳酸菌を含んだ食品を摂ることです。ヨーグルト、チーズなどの乳製品が乳酸菌を多く含んでいますが、カロリーが高いのが頭の痛いところ。そこでおススメなのが、キムチや、ぬか・味噌・塩麹などを使った野菜のお漬物で、これらの食品には植物性乳酸菌が含まれています。
さらに食物繊維は、腸のそうじをする働きと、乳酸菌のエサになる働きがあるので、ぜひ食べて欲しい食材です。ワカメ、もずく、メカブ、昆布、こんにゃくなど、低カロリーですぐ手に入るものばかりなので、ぜひ毎日食べましょう。

これでもちろんすべてではありませんが、簡単に手に入るものも沢山ありますので是非ご参考にしてください!20DB97C1-2889-4E6F-8FF6-DACCD40FBF46

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_calivio

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_egf

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_gnail

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_egf_m

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_calivio_facebook

(Visited 1 times, 1 visits today)
Tags: