おはようございます❤︎
らいらいです!

皆さん体験したことがあると思いますが
美容院でのシャンプーって、
気持ち良いですよね〜!(笑)

最近は、サロンクオリティの
シャンプーやヘッドスパを目当てに
サロンに通う人も増えています!

お家でも自分なりに出来る
より良いシャンプーのやり方
本日はご紹介します(ᵔᴥᵔ)



IMG_9116

STEP1:本洗いの前に、
予備洗いで汚れを落とす!

髪を洗うということは毎日の習慣です。

そのため、忙しくなると
とりあえずシャンプーとコンディショナーを
つけて流すだけという
雑な洗い方になりがちです。

しっかり汚れを落とすために、
シャンプーで本洗いする前に
まずはお湯だけで予備洗いをしましょう!

■予備洗い■

(1)お湯(39度くらい)で、
頭皮と髪の毛を濡らす。

ロングヘアの方や髪の量が多い方は、
全体に水分が行き渡るように
しっかりとシャワーをあててください。

(2)シャワーでお湯をかけながら、
指でやさしく頭皮と髪を
もみこむようにして洗う。

最初にお湯だけで洗うことで、
整髪剤や汚れが落ち、
シャンプーの泡立ちが良くなり
頭皮と髪への負担を減らすことができます!


STEP2:シャンプーを十分に泡立てる

■シャンプーの泡立て方■

(1)シャンプー(500円玉くらい)を
手に取り、少しお湯を加えて泡立てる

(2)十分に泡立ってから、
頭全体にまんべんなくつける


STEP3:頭皮をもむ感覚で丁寧に洗う

髪を洗うというと、
髪の毛ばかりに意識がいきがちなのですが
実は頭皮の方が汚れていることが多いので
注意が必要です。

■髪を洗う順番■

シャンプーを頭にのせたら、
指のはらを使って頭皮をつかみ、
地肌をもむようにして洗う。

順番は、
後頭部 ⇨ 側頭部 ⇨ 頭頂部 ⇨ 前頭部

IMG_9118

ポイントは指の腹の部分を使うこと。
爪を立ててしまうと、
頭皮が傷ついて皮脂の分泌が
増えてしまいます。


STEP4:シャンプーの泡を

細かい部分までしっかりすすぐ

仕上げはすすぎ!!

美容師さんで気を付けているのは、
髪の生え際や襟足のあたり、
耳のまわりなど、
細かい部分までしっかりと洗い流すこと。

すすぎ残しは頭皮のかゆみや
フケの原因になるので、
気を付けてくださいね(ᵔᴥᵔ)

■すすぎとコンディショナーのやり方■

(1)シャワーのお湯を
地肌にしっかりとあてて
頭皮と髪にぬめりを
感じなくなるまで洗い流す。

(2)この後、コンディショナーを
頭皮につけないように気を付けながら
髪の毛全体にもみこみ、
シャンプーの時と同様に、しっかりすすぐ



全ての所要時間は5分ほど。

手順はいつもしていることと同じですが
それぞれのステップで一工夫することで、
サロンのクオリティに近づけるということ!

髪と頭皮の健康は毎日の洗い方から!!

IMG_9117

これからはお家でも綺麗に

シャンプーができるように、

髪の洗い方を見直して見てください☆☆

以上、らいらいでした!




%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_calivio

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_egf

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_gnail

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_egf_m

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_calivio_facebook

(Visited 1 times, 1 visits today)
Tags: