こんにちは!!
冬の気候になって来て、肌や手も乾燥し始めたりしますよね!!

 

それに伴って、頭皮にかゆみが出てきたという方もいるかもしれません。

 

頭皮の乾燥には最も大きな影響として季節が関係する事もあります。
夏場より気温と湿度が低くなる冬場には、頭皮は乾燥しやすい傾向にあると言われています!

 

IMG_1555

例えば、頭皮の乾燥が知らない内に進んでいて、皮膚のバリア機能が低下すると少しの刺激で痒みを感じることがあります。

 

痒いからといってゴシゴシと過度にシャンプーをしたり、冬場は寒いのでシャワーの温度が高めになってしまうと思いますが、高いお湯でのシャンプーは皮脂を過剰に洗い流してしまう可能性があります。そうなると感想は進行して、ドライヤーで乾かした後にかゆみが出る場合は、乾かしすぎによる乾燥などの原因も考えられます。

 

そして、乾燥からの痒みだけではなく、地肌に炎症が起きていることで、痒みが起きる事もあります。炎症が起きている場合、頭皮を清潔に保てば必ず治るというものではありません。
清潔に保つために頭を洗うことで血行がよくなりかゆみが増す場合もあります。
もし、かゆみがひどくなったまま放っておくと、悪化し湿疹になってしまうこともありますので、治りが悪い場合や、痒みがひどい場合は早めに医療機関を受診することもお勧めします。

 

他にも、シャンプーやコンディショナーをしっかりと流せていないと、頭皮への刺激になり地肌があれてしまう事があります。シャンプーに配合される合成界面活性剤はさっぱりとした洗い上がりになりますが、地肌に残ることで強い洗浄成分が刺激になる可能性が高いとされています。
その他では、脂質の多い食生活・ストレスなどにより皮脂が過剰に分泌され、毛穴が詰まることで頭皮にトラブルが起きることがあります。ストレスを抱えていると、人は緊張状態から汗をかきやすくなります。また、不規則食生活、睡眠不足が続くと肌荒れが起こるのは、頭皮でも同じです。フケやかゆみが起こりやすくなるだけではなく、足りない潤いをなんとか別のものでカバーしようと皮脂を分泌するので、「乾燥してるのに皮脂でベタベタ」「汗と皮脂で頭がにおう」といった現象も起こりやすくなります。
毛穴が皮脂で詰まると、毛穴から皮脂と一緒に分泌されるはずの老廃物が排出されなくなってしまいます。酸化した皮脂は過酸化脂質という刺激物質に変わり、肌へ刺激を与え、そこから炎症に繋がる場合があります。

 

 

そもそも、「潤っている頭皮」と「乾燥している頭皮」は、何が違うのでしょうか。
頭皮の表面は、0.02mmという薄さの角質層でできています。この角質層が健康だと20%が水分として含まれており、外からの刺激を水分がカバーしてくれています。

 

 

しかし、水分量が10%を下回ると刺激を受けやすくなり、頭皮トラブルの原因になります。

 

潤い不足による頭皮トラブルにはかゆみやフケが挙げられます。頭皮は潤っていないとはがれやすくなってしまうからです。
そのうえ、乾燥しているとかゆくなって、ついつい手で頭皮をかいてしまいますので、頭皮がはがれ落ちて、フケとなるという悪循環になってしまいます。

 

頭皮の痒みの原因は色んなことから起きてしまうのです。

 

 

ここからは、痒みが起きないように気をつけたい習慣をご紹介します。
まず、熱いお湯でシャワーするのはやめましょう!!
熱いお湯のほうが髪は濡れやすいですし、シャンプーも洗い流しやすいのですが、40度を超えるような温度の場合は、頭皮が軽い火傷のような状態になってしまい、かゆみを引き起こす炎症の原因となります。
皮脂を溶かすベストな温度は38度といわれています!!
寒い冬はシャワーの温度も高かなりがちだと思いますが、シャンプーをする時などはお湯の温度は38度を目安にしましょう!!
そして、シャンプーの時にかゆみがあるとどうしても爪を立てて洗ってしまいがちで、ゴシゴシ洗うことで、頭皮も綺麗になっているような気がするかもしれません。
しかし、爪と頭皮を比べると遥かに爪の方が固いので、そのようなもので頭皮を掻くとそれだけで頭皮を傷つけてしまいます。目に見えない小さな傷から、殺菌などが発生して痒みに繋がることもあります。

 

 

なので、シャンプーの時は指の腹で頭皮を揉みこむように洗うのが良いでしょう。そうすると、頭皮を傷つけることも無く余分な皮脂を浮かび上がらせることができるので、ゴシゴシ洗う必要はありません!!
すすぎが不十分な場合でも、シャンプーが頭皮に残っているだけで炎症を引き起こす原因となってしまいます。
お湯で洗い流す時間は、すすぎ残しがないようしっかりと頭皮を洗い流すように心がけましょう。
シャンプーは使い方も大切ですが、どのようなシャンプーを使っているのかも大切です。
オススメしないのは、洗浄力が強いシャンプーを使い続けていることです。

 

若い頃には合っていたシャンプーでも、年齢と共に皮脂量が減ってきて、知らず知らずに頭皮が脱脂されすぎて乾燥してしまいます。

 

こんな場合は、保湿を一番に考えるのではなく、洗浄力が穏やかなアミノ酸系のシャンプーなどに切り替えるのが先決です。

 

IMG_1540

 

Ca livio HAIRでは、頭皮ケア用のシャンプーやトリートメントもご用意しております!!

痒みにお悩みの方は是非お試しください!!

 

 

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_calivio

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_egf

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_gnail

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_egf_m

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_calivio_facebook

(Visited 1 times, 1 visits today)
Tags: