みなさんこんにちは(^O^)!◎

台風も過ぎ去り、本格的に秋の気候になってきましたね☆♫
海にもプールにも行かない季節、、
もう日焼けの心配もないよね!!
…とそう考えてらっしゃる方も多いのでは???
ところが、そんなことは全くありません!!油断は禁物!(´⊙ω⊙`)
紫外線は春から夏にかけて、とても強くなるだけで、紫外線自体は年中地球に向けて放たれています…。

秋は特にまだ油断出来ないのですが、気候が寒くなっていくので、
ついつい紫外線対策の手が緩みがちになりますよねT_T

9088C813-DE31-4A3B-8CC7-162014F6D8B1
12月〜2月は、1年でもっとも紫外線量が少ない季節ですが、シワやたるみに影響を及ぼすUV-Aは、季節による変動が少なく常に降り注いでいます、、。しかも、冬の紫外線対策は美意識の高い人だけががするものではなく、美肌を守るためにも全ての人にマストなのです!!!
ランニングが習慣になっている人も、冬であろうと紫外線対策は万全に!!その理由は、紫外線の“照射角”の違いです。夏場は太陽の位置が高く、紫外線は真上から降り注ぎますが、秋から冬になると太陽の位置が低くなるため、額~両頬にも紫外線が広く当たるようになります。つまり、横から顔全体に当たってしまう、360°の紫外線が発生してしまうということなのです。きちんと対策を打たなければ、夏場以上にシミやくすみのリスクが高まる可能性大! 長時間、屋外で汗を流すランニングの際には、汗や水に強い日焼け止めを選び、紫外線が直撃する頬まわりのバタフライゾーンは徹底的に守りましょう。

紫外線対策と同時に、乾燥や冷え対策も重要となります。
シミ・くすみの原因として悪者だと思われがちなメラニンですが、本来は肌をあらゆるダメージから守る大事な存在なのです。そのメラニンを生み出すという大切な役割を持つメラノサイトは、乾燥という刺激を受けると活性化しシミ悪化因子を作りメラニンを過剰に生み出そうと働くため、カサつきやゴワつき、どんよりとしたくすみが目立ちやすくなるのです。

また、気温が低下することで血行不良となることも、いっそう顔色を悪く見せる原因にもなりかねません、、。

紫外線はガラスも洋服も水も透過するため、屋内にいようと長袖を着ていようと、雨の日であろうと油断は禁物です!!日焼け止めを朝のスキンケアルーティンに組み込んで紫外線対策を徹底すれば、365日綺麗なお肌を保つことが出来そうですね◎◎

7133E2BF-891E-4EE5-9280-DDF7759F1508

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_calivio

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_egf

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_gnail

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_egf_m

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_calivio_facebook

(Visited 1 times, 1 visits today)
Tags: