今回のブログは日々皆様がお風呂上がりにしていること!

そうです!

ドライヤーです!

image
毎日ドライヤーを使って髪の毛を乾かされていると思いますが
(乾かしていません!という方はこのブログを見てからでも良いので少し意識を変えて頂き、これからは是非乾かしてくださいね)

実はドライの仕方で髪の毛の負担を大幅に減らすことだって出来るのです

image

一般的に普段お使いのドライヤーのHOTモードは、100度~110度くらいに設定されているのです(5cm程度離した場合)。
これは、JIS規格において、吹き出し口から3cmの場所では、140度以内にしなさい!という規定があるからです!

この100度以上の熱風を髪の毛や頭皮に長時間当て続けると表面温度もぐんぐん上がっていきます
特に髪の毛に至っては100度を超える熱には非常に弱く、タンパク変性を起こしてしまい枝毛や切れ毛の原因にもなってしまいます

まずは、
ドライヤーと髪の毛、頭皮の距離を15cm以上話してください!

そして

なるべくあてる時間を短くする!
この2点で簡単に防ぐことは出来ます!

そもそもの大前提としてやはりタオルドライはとても大切なんです!!!image

上記の2点をクリアするにはタオルドライをしっかりすることが必要不可欠になってきます
このタオルドライで、髪や頭皮の水分の80%を拭き取り、残りの20%をドライヤーで取るということをしっかりと覚えてください!

まずはしっかりお風呂場で髪の毛の水分をしっかり絞って余分な水分を取り除いておきましょう
そしてタオルで拭いていくのですが
注意点として
力一杯に擦ったり、
髪の毛を乱暴に扱ったり、
爪を立てるなど頭皮にも負担をかけないようにしっかり拭いていきます!

このタオルドライでもポイントは2点!!
・頭皮を軽くたたくように水気を取る
・中間から毛先は揉み込むように拭きます

髪の毛は摩擦に弱いです。さらに濡れている状態というのは髪の毛の表面「キューティクル」が開いた状態になります!

image

とってもナイーブな状態ですので、優しく扱ってくださいね!

その後にはみなさんおわかりだと思いますが

洗い流さないトリートメントをまんべんなく、ムラのないようにつけましょう

この時も少し粗めのコームなどを使って優しくコーミングなどをしてあげるとより効果的です

image

ちなみにCa livio Hairでも取り扱っている「Aujua」は髪質に合わせて皆様一人一人の髪質にあったアイテ
ムをお使い頂けます! image

そしてドライヤーを使って乾かしていきます!
一番最初にお話しさせて頂いた2つのポイント覚えてますか??

もう一度おさらいしましょう
ドライヤーと髪の毛との距離は15cm以上あける
・熱をあてる時間を短く、ムラのないように乾かしていく

この2点を意識しながら乾かしていきます

ここで
何故自然乾燥はいけないのか??
先ほどお話しさせて頂きましたが、髪の毛は濡れるとキューティクルが開き髪の毛の大切な中身がむき出しになり、非常にダメージを負いやすくなってしまうのと、キューティクル自体も柔らかくなり剝がれ落ちやすくなってしまいます
枝毛や切れ毛の原因になります
そして頭皮においても水分が残っている状態は常在菌が繁殖しやすく、頭皮のかゆみやニオイなどにも繋がり悪化すると薄毛や抜け毛の原因にもなります

そんなに特別なことはしなくてもいいですが、髪の毛や頭皮のことを思ってあげると日頃のドライヤーも少し意識して気をつけていただけるのではないかと思います

今日の夜からはしっかり髪の毛を乾かして、女子力をあげましょう^ ^

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_calivio

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_egf

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_gnail

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_egf_m

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_calivio_facebook

(Visited 1 times, 1 visits today)
Tags: