こんにちわ!!
本日は加齢による髪の衰えに対しての対策をご紹介していきます。!!

D6D921C3-1417-4A7D-BAFE-A11523D272C3

・加齢にともなって髪質が弱まる
なぜ加齢でコシ・ハリがなくなるのかと言いますと、加齢により毛母細胞の機能が低下します。

加齢による老化現象により、この細胞の働きが衰え、元気な髪の生まれ変わりがされなくなってしまい、その結果、細くてハリやコシがない産毛のような髪しか生まれなくなります。
毛髪の太さは個人差が大きいのですが、平均すると、女性は30代後半、男性は20歳前後が最も太く、その後は少しずつ細くなっていきます。

・髪の太さやハリ・コシ低下の影響とは?
髪が細くなってハリ・コシが低下すると根元が立ち上がりにくくなるので「髪型が決まらない」「髪がぺちゃんとなる」といった悩みがでてきます。
枝毛やパサつきといったダメージは清潔感に影響し、白髪やハリ・コシといった加齢による衰えは、見た目年齢を一気に上げます。

・加齢と生活習慣も関係しています
生活習慣や遺伝などで個人差はありますが,、30~35歳をピークにヘアサイクルと呼ばれる髪の成長周期が乱れ、髪の老化が始まります。
加齢にともなう髪質の低下や毛量の減少というのは、若いころから蓄積されてきた髪や頭皮へのダメージも影響しているのはもちろんのこと、 性ホルモンの分泌量の低下という問題が根本的な原因としてあります。

頭皮の清潔は大切ですが、かといって過剰な洗髪は、頭皮を乾燥させて、結果として抜け毛の原因となります。

・抜け毛が多い人はすすぎが足りていない
シャンプー前と後のすすぎが足りていないと、汚れや皮脂、洗浄剤などが頭皮に残り毛穴をふさいで抜け毛の原因に。シャンプー前後には1分間ほどお湯だけでシャンプーするようにしましょう。

・ダメージ・パサつきはケアが間違っているかも
特に乾燥は髪の水分を奪い、パサつきやゴワつきを引き起こしてしまいます。つややかで美しいヘアスタイルをキープするには、顔やボディーと同じように、髪にも保湿が必要です。
髪の水分量を増やす保湿方法としては、まずはインバストリートメントでダメージをケアすること。それからドライヤー前にも必ずアウトバストリートメントで髪を潤すようにします

DACD687D-E827-49B9-BCC4-A43338B10132

以上です。
間違った対策を取らずに確実に頭皮環境をよくしていきましょう!!
加齢に負けず美しいヘアを保っていきましょう!!

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_calivio

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_egf

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_gnail

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_egf_m

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_calivio_facebook

(Visited 1 times, 1 visits today)
Tags: