こんにちは!ヨシカワです

 

今日は薄毛に関する記事です。

最近は男性だけでなく、女性も薄毛で悩まれていることが多いそうです。

薄毛には生活習慣がかなり関係しているそうです!
健康はもちろん、育毛のことを考えても、日頃の食生活の面からも見直していく必要があります。

育毛に不可欠なものはミネラル類や良質なタンパク質、野菜などです。
髪はたんぱく質が90%を占めています。

普段の食事で摂取できるものは出来るだけ

食事の中に取り入れていくことが必要です。

ビタミンEも、頭皮の細胞の動きを促進する効果があることから

育毛につながる栄養素といえます。

育毛に役立つ食生活は、同時に健やかな髪を保つ食生活とも言えます。

肉中心の偏った食事は、病気にも抜け毛にも繋がります。

髪に良い食事

育毛には大豆イソフラボンの摂取が役立つ?

イソフラボンとは、、、

大豆や大豆食品に多く含まれるポリフェノールの一種です。
大豆イソフラボンは、決まった量緒に摂ると、

育毛に役立ったという研究結果も残っています。

イソフラボンには女性ホルモンを活性化させるので

、薄毛の原因である男性ホルモン過剰分泌に効果的だということです。
大豆イソフラボン

また、唐辛子などに含まれており

カプサイシンと一緒に摂取することもおすすめです。

カプサイシンとイソフラボンは毛母細胞という、

髪を健康に保つために重要な細胞に効果的に働くと考えられます。

カプサイシンとイソフラボンが、

毛母細胞の働きを活性化する成分を増やすします。

育毛のためにカプサイシンとイソフラボンを一緒に摂るためには

豆腐とトウガラシを一緒に摂ることが出来るメニューを

食事に取り入れることが効果的でしょう。

あまり食事にかける時間がないけれど、

育毛をきっちりしたい人という人にはサプリメントがおすすめです。

 

そのほかの育毛に効果的な成分

ショウガ
薄毛の人は血行が悪く、頭皮や髪に送る血液の流れが不十分な傾向にあります。
ショウガなど代謝をあげる食物を摂ることにより栄養を届きやすくすることができます。

人の体温は36.5度〜37度が一番病気になりにくいとされています。

また、体温が低いとがん細胞が繁殖しにくいこともわかっています

(35度が一番がん細胞が増殖)。

また、基礎代謝をあげることで太りにくい体を作ることもできます。

つまり、体温が高く代謝が良いというのは、

健康にも育毛にも良いことづくめなのです。

サプリメントで髪を太く育てる栄養を摂取

忙しい人や食事が偏りがちな人は、

飲むだけで髪に良い栄養素を摂取できるのでサプリメントに頼るのもよい方法です。

育毛とアルコール摂取量

アルコールは、飲みすぎなければ血流を良くし育毛には問題ないと言われます。

しかし、取りすぎは良くありません。

アルコールは一定量を越えると血液循環が悪くなります。

また、食事をとらずに飲む、二日酔いになるまで飲む

などといった飲み方は、胃腸を弱め髪にも育毛にも必要な栄養が送られてこないのです。

また更に、楽しいお酒であれば別ですが

仕事や接待などストレスをためてしまう飲み方であれば

薄毛、抜け毛が進行するのをなかなか食い止めることもできないでしょう。

内と外、両方から髪にかかっている負担を上手に取り除いた 飲み方が必要です。

 

カリビオではこの度、EGFヘッドスパという

新しいスパメニューが登場しました!!

薄毛に効果のあるスパメニューになりますので

気になったらお気軽にお声かけくださいませ^^

 

 

 

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_calivio

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_egf

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_gnail

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_egf_m

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_calivio_facebook

(Visited 1 times, 1 visits today)
Tags: