本日は気に入ったヘアカラーを長持ちさせるためのホームケア方法を紹介したいと思います☆

38B14880-5D3B-45EC-9110-713A0E8E9785

どうしても色落ちしてしまうヘアカラー。

染めたのにすぐ退色してしまってお気に入りのヘアカラーを楽しめる期間が短い…なんてことはよくありますよね。

意外にも普段やっていることがヘアカラーの退色につながっていることをご存知ですか?

 

まずはその原因について探っていきましょう!!!

 

1 低価格で洗浄力が強い市販のシャンプー

 

市販のシャンプーのほとんどは、洗浄力成分が強い石油系界面活性剤シャンプーなのです。石油系界面活性剤の特徴として泡立ちは良いのですが、洗浄力が強く髪や頭皮のトラブルをおこしやすいです。このような洗浄力が強い成分でシャンプーすると、髪の表面にあるキューティクルがはがれやすくなり、髪の内部にあるタンパク質や栄養分が抜けてしまいます。しっかり自分の髪質に合ったサロンで取り扱っているシャンプーやトリートメントをおすすめします!

2 ドライヤーやアイロン、コテの熱

次に身近なものとして、ドライヤーやアイロン、コテなどの熱ダメージです。

ほとんどの人が毎日髪を洗うと思うのですがその後のドライヤーは必ず必要になります。

そのドライヤーの熱が色落ちの原因になりうるのです。もちろんドライヤーをかけないのはなおさらよくないです。

かけ方にほとんど原因があるので、一箇所に風を当てすぎないようにしましょう。

髪は一定温度以上に達するとタンパク変性と言って硬くなります。そうすると髪は水分を保持しにくくなり乾燥しやすくなります。

またアイロンやコテは摩擦の原因になるので、当てすぎには注意しましょう!

3 紫外線による髪へのダメージ

 

紫外線も色落ちの原因の1つです。

日光によりキューティクルが剥がれてしまい

髪の色素も抜けやすくなってしまいます。

今からの季節どうしても野外に出る機会が増えてしまいます…そんなときは!

Mieufa!!

SPF50+ PA++++で紫外線対策としては最強です!

それぞれの種類ごとに天然の種子成分が入っているので、髪以外にも顔や体に使えます!!

95562354-D572-4FAE-AA25-47726B482BC9今期の紫外線対策に使ってみてはいかがでしょうか??

ヘアカラーもきっと長持ちしてくれるはずです☆

 

 

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_calivio

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_egf

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_gnail

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_egf_m

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_calivio_facebook

(Visited 1 times, 1 visits today)
Tags: