おはようございます!アシスタントの西田です!今日は結構お客様から聞かれることも多い、カラーの周期についてお伝えしていきます!よろしくお願いします!!

445CCD53-B8EA-4F65-A809-DCF6DD75E7A5

みなさん、カラーってどのくらいのペースでされていますか?

数週間で来る方もいれば、はたまた気づいたら半年たってました!なんて方もいらっしゃいます。

わたしの考えでは基本的には、「気になったらそのタイミングで」というのがベストだとは思っているのですが、どこを一番きれいに保っていたいかっていうのが、カラーの周期において大切なポイントとなってきますので、今日はその説明をさせていただきます!よろしくおねがいします!!

 

カラーをするにおいて、大きく3つ要因があると思います!

1、全体のカラーをずっときれいに保ちたい

2、根元が伸びてきて毛先との色の違いが気になる

3、染めたいけど、ダメージが気になる

 

この3つです。

では順番に見ていきましょう!

1、全体のカラーをきれいな色で保ちたい方

全体の色合いを優先するのでしたら、数週間~1ヵ月でのカラーリングが必要です。

ヘアカラーは施術した瞬間から退色が始まり色が抜けていきます。
髪の明るさが明るいほど、色の抜け方が早くなります。

染めた直後と2週間後では全然違う状態です。

その為、同じ色を保つためには、数週間から1ヵ月で抜けた色の補充が必要になります。

2、根元が伸びてきて、毛先との色の違いが気になる

新しく伸びてきた根元の髪(新生毛)を一番に考えるとしたら、3週間~1ヵ月もしくは1.5ヵ月~2ヵ月くらいが理想的でしょう。

髪は1ヵ月で、1センチ~1.5センチ伸びます。
2ヵ月で3センチ伸びます。

根本だけ黒い髪が3センチ伸びてしまうと、さすがに気になってしまうかたが多いです。

  • 早い方で、
    3週間~1ヵ月程度の頻度
  • 一番多いのが、
    1.5ヵ月~2ヵ月の頻度
  • 一番期間がゆっくりな方でも、
    2ヵ月~3ヵ月の頻度

上記の頻度を参考に、伸びてきた黒髪の部分のみを染めていく施術(リタッチ)がいいでしょう。

どれくらいで根本が気になるかは人それぞれなので、髪に合ったカラー頻度を見つけてください。

3、ダメージがきになる

ヘアケアを優先するのでしたら、できる限りカラーリングの期間を遅くすることをお勧めします。

髪はカラーやパーマやストレートなどの薬剤で傷みます。

その為、カラーでも回数を繰りかえすと痛みが進行し、枝毛切れ毛が発生します。

ヘアケアを優先してヘアカラーの期間を決めるなら、通常は根元のカラーのみ(リタッチ)で施術をしましょう。
毛先の明るさを変えたくなった時のみ、全体にヘアカラー。

できるだけ同じところを何度も染めない様にすると、髪の痛みが進行しにくくなります。

 

いかがでしたか?参考になりましたか?

みなさんもそれぞれの悩みに応じたヘアカラーを楽しんでくださいね!

Processed with VSCO with c1 preset

Processed with VSCO with c1 preset

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_calivio

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_egf

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_gnail

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_egf_m

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_calivio_facebook

(Visited 1 times, 1 visits today)
Tags: