今、ダイエットや粗食ブームなどで、
女性を中心に栄養不足になる人が増えています。
あなたは、本当に必要な栄養をきちんと
摂取できていますか?
今回は、
健康的で艶のある髪の毛を維持するために必要な栄養素を含む『髪にいい食べ物』についてご紹介します。
レバー

img_4341

レバーは万能食品と言っても過言ではありません。
髪の毛は、たんぱく質のアミノ酸からできていますが、中でも特に重要なのが、硫黄を含む含流アミノ酸であるシスチンです。
また、牛レバー、豚レバーには健康的な髪を維持するために必要な亜鉛も豊富に含まれています。
マグロ

img_4342

クロマグロの赤身やしろさけ、たらこなども含流アミノ酸であるシスチンが豊富です。髪の毛の材料になるので、毎日たっぷりと摂取しましょう。
サラサラ血になることで、頭皮の血流を改善し、
毛根に栄養が行き渡りやすくなります。

img_4343

卵は完全栄養食ともいわれる通り、完璧な栄養バランスを備えた食べ物です。ほぼ全ての栄養がバランス良く配合されています。
アンチエイジングに役立つ栄養素でもあります。
卵と言えば昔はコレステロールの代名詞とされてきました。しかし、現在では食品から摂取するコレステロールは身体にほとんど影響しないことが明らかになっています。
ごま

img_4344

ごまにはビタミンEが豊富に含まれています。
ビタミンEは血行を良くする作用がありますので、毛母細胞に栄養が行き渡るのを助けます。
また、ごまに含まれるゴマリグナンには活性酸素を抑える働きがありますのでアンチエイジングや老化防止に効果があります。
さらに、黒ごまには育毛だけでなく、古くから白髪改善の効果もあるとされています。しっかりと成分を体内に吸収するためには、すりごまや練りゴマにするのがおすすめです。
チーズ
img_4345
チーズなどの乳製品には、髪の毛を黒くするために必要なメラニン色素の原料となるチロシンが多く含まれています。
また、髪の成長に必要なミネラルであるカルシウムやミネラルも豊富。ビタミンB6には、タンパク質の発育を助けたり、アミノ酸の合成や分解を助ける働きがあり、髪の毛を育てるために重要な役割を果たします。
納豆

img_4346

納豆には大豆製品には植物性たんぱく質が豊富に含まれています。
ホルモンバランスの崩れは女性の薄毛や脱毛症の大きな原因の一つです。
大豆イソフラボンはホルモンバランスを整える効果があるので、女性の薄毛の改善効果も期待できます。
アボガド

img_4347

森のバターとも呼ばれるアボカド。栄養価が高いことで有名なアボカドですが、育毛にも必要な栄養素が多く含まれており、髪の悩みをもつ女性ならぜひ食べてほしい果物です!
いくら髪にいい食品でも、栄養に偏りが出てしまっては、髪の毛の健康に役立てることはできません。当たり前ですが、まずはバランスの取れた食事をとることが大前提です。
髪の毛は食べたものから作られます。
毎日の食事に気を配り、
その中に『髪にいい食べ物』を加えることで、
美しい髪の毛を手に入れる第一歩となります!

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_calivio

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_egf

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_gnail

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_egf_m

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_calivio_facebook

(Visited 1 times, 1 visits today)
Tags: