どうもこんにちはぐっちです!
今日はカラーの持ちを良くする
ヘアケアーをご紹介します👍

カラーをしている方のお悩みって”色持ちが悪い”が多いと思います。
この【色持ちを良くする】ということで有効な方法は山程あります。
実際に聞いていると「多すぎてよくわからない・・・」「めんどくさい・・・」
と言った考えが働きしようと思っていても結局しないことに・・・
そんな方に今回は【とりあえずこれだけはやっておこう】という色落ちを防ぐ方法をご紹介します!IMG_6212

◎シャンプーの仕方を見直す
色持ちをよくするためにこれはすごく大事なことです!
色落ちの一番起こる場所はお風呂でのシャンプー&トリートメントです。
これは紛れもない事実です。ここを見直さない限りはいつまでも色持ちが良くなることはありません。
そんなシャンプー&トリートメントでして欲しいことをまとめてみました!!

•シャンプーは頭皮をメインに、トリートメントは揉みこみすぎない
髪の汚れは水だけでも十分綺麗になります。
必要以上にシャンプーで洗いすぎるとシャンプーの洗浄力で毛先の色がどんどん落ちていきます。
油分が気になる頭皮を中心に洗うようにしましょう!
トリートメントのつけ方にも注意が必要です。つける時に揉み込みすぎると髪の内部の色素も一緒に揉み出してしまいます。
ですから揉み込みすぎる必要はありません。
軽くなじませて粗目のコームで優しくコーミングして馴染ますのがもっとも効果的です。

•カラー専用のシャンプートリートメントを必ず使う
これは本当に必須です!
色持ちしたいのに市販のシャンプーでは何がどう起こっても色持ちすることはありません。
色持ちさせたいのであればカラー専用のシャンプー&トリートメントを必ず使いましょう。

◎日々のライルスタイルを意識する
次はシャンプー以外でここを意識するだけで色落ちを防ぐことができる方法をご紹介します。
シャンプー以外での色落ちの原因としては紫外線やドライヤーやコテなどが主流ですが、どうしようもない部分も多く意識しづらいのも現状です。
そこを分かりやすく髪の毛をどうしておけばいいのかだけをお伝えします。

•オイルタイプの洗い流さないトリートメントを使用するIMG_6211
紫外線、摩擦、乾燥、そういったことにより毛髪のキューティクルなどが傷み色味やたんぱく質が流出しやすい状況を作らないことが大事です。
乾いた状態からしっかりと保護しておくことでそういった原因を防ぐことが大切です。
もちろんコテやアイロンなどを使う方にもオイルで保護しておくことで熱から髪の毛を守ってくれます。
洗い流さないトリートメント=手触りの向上
だけではなく色落ちを防ぐ意味で使ってください。

•毎日しっかり乾かす
乾かす前にクリームタイプの洗い流さないトリートメントをつけてしっかりと保湿して乾かすこと。
濡れたまま、半乾きなどでは髪の毛のキューティクルがしっかり閉じないのでダメージする原因です。
まずはしっかりと毎日乾かすことを徹底しましょう◯

この方法を使ってカラーをしっかり持たせましょう!!

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_calivio

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_egf

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_gnail

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_egf_m

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_calivio_facebook

(Visited 1 times, 1 visits today)
Tags: