たくさん汗をかく夏はニオイも気になりますよね。「クサイ!」と思われないように、ニオイ対策を万全にしておきましょう。

Processed with VSCO with au5 preset

汗はもともと無臭!

汗は臭いと思われがちですが、出たばかりの汗は無臭です。汗を拭かずに放っておくと、皮脂や垢と雑菌とが混ざり合い、汗臭いニオイを発生します。汗のニオイ対策には、汗をすぐに拭き取ることが大切です。サラサラ汗が理想的です!

日頃からあまり汗をかかない生活をしている方は、汗腺機能が弱まり、ベタベタしてニオイがきつい汗が出やすくなります。毎日の入浴やウォーキングなどの有酸素運動で汗をかくことで汗腺を鍛えて、ニオイの少ないサラサラ汗を目指しましょう。

「疲労臭」「ストレス臭」とは?

疲れやストレスが溜まると、血中のアンモニア濃度が高くなり、分泌される汗と混ざって尿臭のようなツンとしたニオイを発します。これが疲労臭・ストレス臭です。疲れやストレスを溜めると汗のニオイはより強くなるため、適度な息抜きを心がけましょう。
臭いを1日中徹底的に予防するには…
朝はたった1分間でもシャワーを浴びるだけで、就寝中に分泌された汗・皮脂・垢などのニオイの元が洗い流され、体臭が発生しにくくなります。

制汗剤は清潔なお肌に!

制汗剤は汗をかいた状態で使用してもあまり意味がなく、入浴直後など肌が1番清潔な時に使うのがベストです。たくさん汗をかいた後に使いたい時は、ボディシートで汗を拭き取ってから使いましょう。

昼間は汗は1時間ほど経つと雑菌が繁殖して悪臭に変化します。汗をかいたら1時間以内にボディシートや濡れタオルで拭き取りましょう。

乾いたタオルで汗を拭くと、水分は吸収してくれますが、ニオイの成分は肌に残ったままになってしまうため、ボディシートか濡れタオルを使いましょう。

足のニオイは角質ケアで対策を!

足裏の汗腺は胸やお腹の2.5倍以上もあり、汗をかきやすい部分です。さらに、古い角質を溜めたままにしていると、雑菌が繁殖しやすくなり、足が臭くなります。足のニオイが気になる方は、2~3ヶ月に1回、ピーリング等で足裏の角質ケアを行いましょう。

夜はお風呂に5分以上浸かることによって、体臭の原因となるベタベタしてニオイの強い汗が出て、体臭予防になります。

Processed with VSCO with ka1 preset

夏は特に後頭部が蒸れやすく臭くなります。頭皮のニオイがケアできるシャンプーで、後頭部から首にかけてしっかり念入りに洗いましょう

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_calivio

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_egf

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_gnail

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_egf_m

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_calivio_facebook

(Visited 1 times, 1 visits today)
Tags: