20代の頃の髪の悩みといえば、スタイリングが決まらないことだったり、枝毛が見つかったことが大半ではありませんでしたか? それが30代、40代と年齢と重ねるにつれ、まだまだ先だと思っていた「髪のボリューム」「白髪」「抜け毛」といった髪の悩みに直面するものですよね。 なかでも髪の“うねり”は、まさか自分が悩まされるなんて! と想像すらしていなかった人は多いのではないでしょうか。

108CAE5C-C2AF-4E5B-8676-D9674A640EC2

うねりが発生する原因

うねりがなぜ発生してしまうのか。その原因は「頭皮」や「髪の毛」にも隠れています

まずは「頭皮」
よく、幼い頃は髪の毛がストレートでサラサラだったのに、大人になるにつれてくせ毛になってしまったんだけどなぜ?という質問を受けます。

この質問に対しての回答になりますが、幼い頃の髪の毛がストレートなのは、髪の毛の断面も丸くなっている状態なのです。
それが年齢を重ねていくと、紫外線やその他のあらゆるダメージによって頭皮が衰えてたるんでいくことで、頭皮の毛穴にゆがみが発生します。
そうすることで、髪の毛の断面もいびつな円形になってしまい、ダメージを受けやすく、うねりも強くなってしまうのです。

うねりを発生させる頭皮状態の改善方法はというと、“頭皮の保湿”と、“適切な栄養分を与えること”につきます
女性はとくに髪の毛ばかりに気を使いがちですが、髪の毛は頭皮から生えてきます。そのことを、今一度踏まえて、シャンプーやトリートメントも見直してみるのもおすすめです

うねりが発生しやすい髪の毛って?

先ほど、うねりが発生するのは「髪の毛」自体にも原因があると言いました。
髪の毛のうねり。わかりやすく“くせ毛”と言い換えてお伝えしますが、くせ毛には先天性と後天性の2パターンがあります。
いうまでもなく、先天性とは遺伝が原因のひとつですから、ここでは後天性についてお話します。

後天性のうねりの場合、紫外線や乾燥、さらにはアレルギーなどのダメージが原因であることも。女性の場合は大人になるにつれ、カラーリングやパーマなどをすることで、さまざまな薬剤が影響していることもあります。

薬剤の影響で残留した活性酸素は、髪の毛のうねりだけでなく、さまざまな髪のトラブルをまねくのです。
活性酸素をとり除くシャンプーなども販売されているので、こういったものを積極的に使用するのも◎。活性酸素を除去することで、うねりの改善にもつながります。

16FEFFE0-DBA3-43B1-96F8-98F2FB9653F7

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_calivio

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_egf

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_gnail

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_egf_m

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89_calivio_facebook

(Visited 1 times, 1 visits today)
Tags: